ページトップへ

“今さら人に聞けない木の話”から その3 | スタッフブログ | 注文住宅 東京調布・世田谷・狛江市 東建ハウジング

スタッフブログ

“今さら人に聞けない木の話”から  その3

未成熟材
 樹の年輪ってどこの部分と聞かれることがあります。太い木には下の方から順番に枝が出ていて、上にいくほど太い樹も枝先は細くなり、天辺の方は弱い風にもゆすられて、ゆれている。はて? 上の方は何年生?
 
 当たり前のことですが、先端は本当に生れて数年の未成熟材です。
大雑把な目安で杉の樹、丸太ならば木の髄「心」から10cmくらいまで年輪で10年~15年くらいまでは未成熟材だと林先生は解説していました。よって年輪は樹、木の根元の部分で数えると確認しました。

2010年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー