ページトップへ

故武田画伯の『人形たち』が狛江市に寄贈 2010年12月1日の朝日新聞 | スタッフブログ | 注文住宅 東京調布・世田谷・狛江市 東建ハウジング

スタッフブログ

故武田画伯の『人形たち』が狛江市に寄贈
    2010年12月1日の朝日新聞・朝刊から
 
 12月1日付、朝日新聞武蔵野版で故武田範芳画伯の遺作品「人形たち」の大作が、画伯夫人の妙子さんから狛江市に寄贈された記事が掲載されました。狛江駅前のエコルマホールに飾られることを紙面は伝えていました。狛江市への寄贈の手伝いを、私久慈がしたことも記事では伝えて頂きました。

 武田様のご家族の皆様とは30年来、平和や地域運動でのお付き合いもあり、武田様のご自宅の、増改築の工事は東建ハウジングが施工させて頂きました。そんな訳で公私ともにお付き合いを頂いておりました。

 寄贈された『人形たち』は、国連の建物内でも展示された経緯もあり、ご夫人をはじめご家族の皆様から沢山の方々に見て頂きたい希望が出され、見ていただける方法はないものかと相談をされました。  
 美術館等への売却の話の中で、村から町へ、そして昭和45年には市になった狛江市。ご家族が住んで来た狛江市に貢献できたらの話に発展し寄贈へと、少々お時間はかかりましたが、相談を受けた私の役目も無事終りホットしているところです。

 この『人形たち』の絵画の除幕式は来る12月11日、AM.9:45から狛江市エコルマホール内で行われます。皆さんも来館の折はぜひご覧頂きたく思います。

2010年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー