ページトップへ

外壁目地のコーキング打ち替え | ビフォー&アフター | 注文住宅 東京調布・世田谷・狛江市 東建ハウジング

ビフォー&アフター

  • インデックス一覧
  • 事例一覧

外壁目地のコーキング打ち替え

弊社新築・定期メンテで発見!

2004年に弊社で新築をさせていただいてから、毎年の「住宅デー」にて定期メンテをさせていただいてきました。2015年の点検にてコーキング目地に割れが見られたので、打ち替えをご提案しました。

物件データ

所在地/邸名 日野市落川/NN様
ご家族構成 2名(ご夫婦)
工事金額 80万
工事期間 4日
建物/施工箇所 木造一戸建て/外壁コーキング

外壁材の隙間目地シーリングが割れ!

リフォーム前

シーリングとは、外壁サイディングの繋ぎ目の目地部分を埋めるために使われている材料のことです。コーキングとも呼ばれています。
シーリングは、サイディングと同じように、太陽光や雨風を受けて劣化します。新築や打ち替えから10年もするとヒビ割れが入ってきますので、その前に打ち替えるのが理想的です。

NN様邸は新築してから11年が経過していましたので、ところどころにコーキングの劣化が見られました。
外部に仮設の足場をかけて作業を行うため、費用の面から「外壁塗装」「屋根再塗装」「コーキング打ち替え」を同時に行うことが多いですが、今回は目地のコーキングの痛みが進行していたので、優先的に作業を行いました!