ページトップへ

2世帯住宅のフルリフォーム | ビフォー&アフター | 注文住宅 東京調布・世田谷・狛江市 東建ハウジング

ビフォー&アフター

  • インデックス一覧
  • 事例一覧

2世帯住宅のフルリフォーム

お婆様の後に孫夫婦が。親と子の同居暮らしへ。

もともと2世帯で住まれていたお家の、1階の改装をやらせていただきました。お施主様のご実家で、お婆様がお住まいになっていた1階部分。お婆様が亡くなられてから空いていたお部屋に、おばあちゃん子だったというお施主様がご結婚を機に入られることになりました。玄関とお風呂は共同、お家の中では行き来自由な間取りでしたが、2階のご両親世帯、1階のお施主様世帯をしっかりと分けて住めるように大改装。築30年以上で使い込まれた設備を交換、お風呂・洗面室と、玄関の新設。既存の間取りをうまくうまく生かし、空間をめいっぱい使って設計。生まれ変わったお宅をご覧ください。

物件データ

所在地/邸名 世田谷区南烏山/MT様
ご家族構成 2名(ご夫婦)+2名(ご両親)+わんこ
工事金額 1500万
工事期間 3ヶ月
建物/施工箇所 木造一戸建て/2世帯化内装一式・外構・防蟻

天井高く広々したリビングダイニング

リフォーム前

ダイニングルームとして使っていたお部屋を、キッチンとの境の壁を撤去してLDKに変更。キッチンと視界が抜けることで、より広く感じられるようになりました。
正方形に近いダイニングルームなので、ダイニングテーブルとリビングのソファのサイズやレイアウトも考慮し、キッチンとの境壁にカウンターは設けず枠のみとしました。
南面の掃き出し窓は埋め込みのカーテンボックスになっていましたが、天井のアクセントに外付けのカーテンボックスを設置。天井からカーテンが垂れるので、アクセントになりつつもスッキリとした印象になりそうです♪
10畳という広さではありますが、天井高さがH=2500あるので(一般的にはH=2350~2400程度)広く感じられるお部屋。白ベースの壁紙と明るいフローリングが、軽やかな内装を演出しています。

お風呂と洗面室を新設。元は納戸!

リフォーム前

メーカー:LIXIL
 商品 :オフト

お婆様の寝室横にあった納戸と押入れ(4畳半)をユニットバスと洗面脱衣室、一部廊下に変更しました。ユニットバスの隣は玄関、反対側は寝室で、柱と壁の関係上スペースがギリギリ・・・!「脱衣室で着替えができないかも?!」なんていう事態になりかけましたが、お風呂と脱衣室間の壁を薄壁にし、洗面台も奥行きのスリムなタイプを選択。着替えができるスペースを確保できました。ただ、ギリギリのレイアウトゆえ洗面台のボールが出入り口の枠から少し出っ張ってしまうので、開口が狭くなり洗濯機の搬出入が厳しいことに(人の出入りは不自由ありません)。じゃあ…勝手口つけちゃう?とお施主様。洗濯機の搬出入の為に設置された勝手口。大胆なご発想でしたが、お客様との協力で使い勝手も良好な洗面脱衣室の完成です♪

納戸の押入れがユニットバスに!

リフォーム前

メーカー:TOTO
 商品 :サザナ

玄関とお風呂は2世帯で共有されていたので1ヶ所ずつでしたが、今回の工事で各公共料金のメーターを分けることにしたので、お風呂も新設しました。寝室横にあった納戸の、押入れ部分を利用し1216サイズを設置。戸建てのお風呂としては若干コンパクトサイズですが、廊下や玄関との兼ね合いでこのサイズが限界。洗面脱衣室との境の壁を薄くしたり、着替えができるギリギリまで削ってようやく収めたユニットバス。それゆえ洗面室も工夫?が凝らされています。。。!
風水的に、この方向に水廻りはあまり…とお考えの奥様。緑色の爽やかなカラーを選んで解決です。

既存の出窓と棚は生かして…洋室改装!

リフォーム前

お婆様が寝室にしていらしたお部屋は、そのまま寝室に。窓は既存のまま使用、作り付けの棚も、扉を取ってコンセントとLANを配線し、お施主様のパソコン作業スペースへ。もともと12畳の広いお部屋でしたが収納がなかった(窓をつぶして押入れを作っていた)ので、クローゼットを新設!パイプハンガーなので、長いコートや奥様のワンピースも楽々収納できます♪
共働きなので、洗濯物を干したり畳むまでの避難先として、寝室に物干しパイプが欲しいとの奥様のご要望により、天井からつりさげて、使用しないときは取り外せるタイプの物干しハンガーを設置しました!(もう一つリビングにも設置)急なお客様や雨の時でも、パパッと吊れるので便利です!

カーポート再設置

リフォーム前

メーカー:LIXIL
 商品 :ネスカRワイド

もともとあったカーポート屋根は古くなったこともあり撤去し、新たに設置しました。ご家族分の自転車が十分に置けるよう、車2台が駐車できるサイズです。雨の吹込みを懸念して、お庭に面する一面だけ側面パネルを設置。これで、自転車も車の乗り降りも安心です♪